FC2ブログ
こんにちは

       地域連携課の小川・青柳・石山です
    地域連携


私たちは、地域連携課に入職し、まだ半年余りで周りの方々に助けて頂きながら、日々勉強し業務を行っております

地域連携課の仕事は、患者様の入院相談や退院相談など、様々な相談を行う部署です


『お困りの事があれば私たちにご相談下さいと自信をもって言えるような相談員になれるよう頑張ります
2018.10.25 Thu l 部署/職員紹介 l top
今回は胃がん検診大腸がん検診の大切さをお伝えしたいと思います
******************************

2018年一番死亡率の高い癌は何だかご存知ですか
現在がんの統計は下記のようになっています

2016年の統計

1位2位3位
男性大腸
女性大腸膵臓
      
      
2018年現在
1位2位3位
男性大腸
女性乳房大腸

このように、2年前と比べると明らかに胃がん大腸がんが急増しています

胃がんは早い段階で自覚症状が出ることは少なく、かなり進行しても無症状の場合があります。
大腸がんも早期の段階では自覚症状はほとんどなく、進行すると症状が出ることが多くなります。

胃がんの代表的な症状                
・胃の痛み・不快感・食事がつかえる
・違和感・胸やけ・体重減少
・吐き気・食欲不振

大腸がの代表的な症状
・血便・下血・下痢と便秘の繰り返し
・便が細い・便が残る・おなかが張る
・腹痛・貧血・体重減少



 これらは胃がん特有の症状ではなく、胃炎や胃潰瘍の場合でも起こります。
食事がつかえる、体重が減る症状は進行がんの可能性もあるので早めに受診しましょう
胃部と大腸はこの器械で検査します。
左側が大腸ファイバー

右側が胃部内視鏡

そこで、大切なのが胃がん検診、大腸がん検診ですっ

胃がん検診

・胃部X線検査(バリウム)
・胃部内視鏡検査(胃カメラ)
・腫瘍マーカー検査(採血)

などがあります。
当院では内視鏡検査をおすすめしています。
なぜかというと、胃部X線検査をしても、異常が見つかると内視鏡検査をしないといけないからです
それなら体の負担と嫌な気持ちを軽減する為に内視鏡検査をしましょう

大腸がん検診

主に便潜血検査です。

便潜血検査の結果、
要精密検査と言われた場合は大腸ファイバーを実施します。
便潜血検査はだいたいの病院は2日法を採用しています。
大腸ファイバーは1泊2日が多いかと思います。当院が1泊2日の理由は・・
1.検査の前夜に1回、当日の朝一番に1回と合計2回の下剤を内服してもらいます。
  催しが近くなる為、車だと不安がいっぱいかと・・
2.食事の管理。(朝食べちゃった!ではすまないので・・・)
上記2点が主な理由です。
とぉっても優しい医師と
看護師です

医師より一言
大腸ファイバーや胃部内視鏡検査は
全く怖くありません。
どうしてもという患者様は眠って検査することも可能です。(麻酔薬を使用)診察の時に気軽に医師に相談してください。
2018.10.06 Sat l 未分類 l top