FC2ブログ
**今回の看護部勉強会は、BLS(1次救命処置)**

先日世間を騒がせたニュースの中に、大相撲春巡業で土俵上で市長が倒れた際に救命処置をした女性看護師に対しての相撲界の対応に批判が殺到しましたが、その女性看護師がされた処置がまさにBLSです。

今回は、心臓マッサージ(胸骨圧迫)とAED操作を学びました
4.png


倒れた人が心肺停止状態の場合、1分経過するごとに7~10%ずつ救命率が低下するといわれています
1-3.png



まずはお手本から
1.png


いざ 実践
6.png

3.png

実際にそういった場面に遭遇した時に、行動する勇気と回りに協力を要請するには、日頃から勉強会での実践を積み重ねないとなかなか、突発的な事態に対応できないとつくづく感じました
2018.05.25 Fri l BLS勉強会 l top

先日BLS・ACLSの勉強会が行われました


BLSとは、Basic Life Support(一次救命処置)の略称

患者さんが容体急変などで心肺停止状態に陥ってしまった時、医師や医療機器が揃うまでの即時対応として行われています


ACLSは、Advanced Cardiovascular Life Support(二次救命処置)の略称

呼吸・循環機能に重篤な機能障害,いわゆる心肺危機が発生した患者におこなう心肺蘇生法のうち,医師および十分に教育訓練を受けた看護師や救急救命士などが医師の指示下に医療用補助器具や薬剤などを用いておこなうものをいいます。





さて今回の主役です

IMG_0544_convert_20160527150211.jpg






まずは説明を聞いて・・・・続いて実技


IMG_0547_convert_20160527150305.jpg IMG_0549_convert_20160527151601.jpg




いよいよ実践です
気道の確保を行って心臓マッサージを行い、AED(自動体外式除細動器)を使います。


*AED*
自動体外式除細動器のことを言います。
A:Automated(自動化された)、E:External(体外式の)、 D:Defibrillator(除細動器)です。
心停止には、電気ショックの適応となる「心室細動」と呼ばれる心臓がこまかくふるえることによって、血液を送り出せなくなる不整脈によるものと、適応でないものとがあります。
心臓の状態をAEDが判断して、自動的に電気ショックが必要かどうかを教えてくれます。
電気ショックをすることで、心室細動を止めて正しい心臓のリズムに戻します。





IMG_0550_convert_20160527151643.jpg IMG_0553_convert_20160527151845.jpg

みんな何度も繰り返し練習しました



つづいてはACLS

医療ドラマで見たことありませんか?

除細動器といいます

*除細動器*
不整脈の治療に使われる器械で,主として心房細動(心房の収縮がなくなり細かい波状に動く状態),心室細動(心室の収縮がなくなり細かい波状に動く状態)を正常調律に戻すときに用いられます。心房細動や心室細動は心房筋,心室筋の各部分が電気的にばらばらに活動しているため起こるもので,除細動器は,心臓に直流の高圧電流を流して心臓全体を同時に収縮させた状態におき,全体の足並みを整えます


IMG_0554_convert_20160527151801.jpg

みんな真剣に聞いて・・・いざ実践




IMG_0557_convert_20160527152821.jpg   IMG_0558_convert_20160527152937.jpg



このようにいろいろな勉強会を1年を通じて開催しています。



 
2016.05.27 Fri l BLS勉強会 l top